トラジャの年齢いじりがつらい

最近の元太くんの如恵留くんに対する年齢いじり、気になる。

 

トラジャは過度ないじりがないところが「いいなー」って思って今まで見てきたので結局、他のグループと一緒か、と思うようになりました。

twitterとか見ていても如恵留くんのリアクションが可愛い、元太くんの「おじさん」って言い方可愛いとか好意的な意見ばかりなので、私の考え方は少数派なのだろう。

 

無音ダンスでいじられる如恵留くん及びいじるメンバーを見ても「楽しそうだな」と思っていたけど、今回の年齢いじりは面白くない。私は不快だし、まだこんなことしてるのかと思っている。男女関わらずアイドルグループって最年長に最年少が年齢いじりしないといけない決まりでもあるのか。

世間からみたら26歳はおじさんではないし、年上であることはマイナスではないのに。

 

元太くんはコミュニケーション能力優れていて、恐らく意図的にオーバーな行動、言動をして周りと距離を縮めたり、明るくしているのだろう。

今回もこの延長線だろう、

けどモヤモヤする。

 

いじるってむずかしい。

それは松倉くんへのいじりの時も思った。仲間うちでは楽しいだろうけど見ている方は全然楽しくない。

 

元太くんのおじさんいじりをみて、ドラマやまとなでしこの「27歳が売り時のピーク。それ超えたら値崩れ」というセリフを思い出した。

10年以上前に聞いた時はなにも思わなかったが、今年そのシーンを見て「10年ちょっとで考え方ってこんなにも変わるのか、今のドラマでこのセリフ言ったら炎上するわ」って思った。

 

しかし、アイドルは違う。アイドルはいつになっても「若くあれ」「最年長にはおじさんにいじり」

 

 

トラジャは、デビューの話題になると大抵「年齢がネック」と言われる。

 

そのような状況の中で、同じグループのメンバーが最年長メンバーを「おじさん」キャラ扱いするのに私は驚いている。自らでその価値観ファンに共有するのはどうなのか。

  

いつまで、当事者のアイドル自身が「若いことが良い」という価値観でいるのか。

トラジャはジャニーズJr.のグループの中で歴・年齢が平均でもっとも高い。

トラジャにとって、若いことに拘る年齢いじりは、自らを苦しめる価値観を広めているだけで、良いことが一つもない。

 

そのようなグループだからこそ旧来の価値観ではなく、新しい価値観をファンに提示して欲しいと思ってしまう。

 

 

おわり

 

MTV Friday Livestream にトラジャ(Travis Japan)の「Namidaの結晶」を②

今回のブログは

【トラジャの「Namidaの結晶」をMTV Friday Livestreamにリクエスト】について②。

自分の考えや感想をただ纏めたブログです。

記録。

 

 

①のブログを更新して、大分 経ったけれどMTV Friday Livestreamにtwitterでリクエストしている人を調べてみたら全く状況は変わっていなかった。10月になったら増えると予想したけど見事に外れました。最近MTV Friday Livestream自体ちょっと変化あったけれど。

もしくは、トラジャのMVはやはり対象外なのかな。だから、リクエストする人増えないのかな。どうなんだろう。

 

それに、大賞もあるしそんな余裕ないよね。二つを天秤に掛けたら絶対に大賞の方が大切。だから、今まで通り出来る時に細々とリクエストしていこうかな。

 

 

そして、リクエスト絡みで

ベストジーニストの結果から思うこと

うみんちゅ、おめでとう🎊

 2位(J事務所1位)すごい。ほんと、快挙!!!1位も夢じゃない!!!すごい!!!

この結果から「リクエストに参加する濃いファン」の数はどこのグループも同程度なんだろうなと感じました。(嵐とかモンスターグループ除く)

ベストジーニストの順位とファンの母数は明らかに比例していない。ある程度の知名度や人気に達すると「濃いファン」はそれ以上増えないんだろうな。

うみんちゅ担の熱さと、トラジャ担箱推し傾向の人が多いのと、票割れが少ないからここまで順位が上がったのかな。

 

 

 

この結果みると、今のファンの母数ならMTV Friday LivestreamでMVが放送される可能性はかなり高いと思っています。

上位ランクインするのは難しいけど、MV放送なら!!!こういうリクエストって終わりがないのが辛いから、虎者公演中とか○○○万回再生記念とかで短期に集中してリクエストするのがいいのかもしれない。

 

けど、呼びかけとか全く向いてないし、放送される明確なメリットを説明できない。

言えるとしたら現在までに嵐、SixTONESSnow ManのMVがMTV Friday Livestreamですでに放送されていることと、リクエスト1位になったことある嵐は今度インタビュー受けるよ、くらい。あと、2位になったことがあるストもインタビュー 決まったよ、くらい。 

 

ただリクエスト1位になるのは、とっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーても難しいのでMV放送が目下の目標。勝手な自分の。

 

トラジャはJr.だし、他のグループがリクエストしてるからトラジャもってどうなの⁉ って若干思うけど

Jr.でMVあるの奇跡だし、せっかく目の前にチャンスあるんだから挑戦してもいいのではとも思う。デビューしてないから条件満たしてるかわからないけど。

MTV Friday LivestreamでMV放送されて嵐は公式で反応してたし↓

  

他のグループのメンバーも確かブログで話題に上げていたので、事務所としてOKだと思う。

 

事務所に「MTV Friday LivestreamでMV放送されるくらいトラジャ勢い(ファンからの支持)あるよ!!!」とアピールできるのがこのリクエストのメリットかな。

 

気になった人はMTV Friday LivestreamはMTVの公式YouTubeで毎週土曜朝6時からなので観てみて下さい。

 

リクエスト方法は最近、変更があったので今後もマイナーチェンジあるかもしれませんが、今のところtwitterとMTV Friday Livestream内でのリクエスト。

 前に書いた記事↓

miha1.hatenablog.com

 

 

おわり

 

 

 

 

ステナビの件

もう誰も話題にしていないけど、今日から虎者も始まるし区切りとしてステナビの感想を。

 

私がステナビを読んで最初に思ったことは、後半のコメントについては「ちょっと気になるところが一部ある」くらいだった。あとの話題は「アイドル側、演者側はそう思うよね、そう思うのが至極真っ当」という感想。

その後、色んな人のステナビ感想を読んで思ったのは

インタビュー前半は、トラジャの意見であってメンバー誰もファンに強制してないよねということと、後半は何について言及してるかの解釈の違いで、インタビューの受け取り方変わるよねということ。

 

そして最後に一つの結論に至りました。

それはトラジャがあのインタビュー後半でずっと話題にしていたのは「Jr.祭りの炎上」についてだと。そう考えると、色々合点がいく。勿論、私の勝手な解釈ですけど。

「Jr.祭り」というワードが出てきてからデビューについての話題にかわるまで。

 

トラジャのステナビでのちょっと尖った言葉とか言い回しは「Jr.祭りの炎上が納得できなかったし、怒ってる」という意思表示だったのではと思う。

現在大変な状況だからこそ皆を楽しませたい、(感染予防を呼び掛けたい)と開催したのに、視聴者の目立つ意見は出演者や演出の不満ばかり。

私だったら苦言を呈したくなる。

「Jr.祭り」の趣旨をわざわざトラジャ自身がLive冒頭で言って、宮近くんが最後の挨拶でも思いの丈を話していたのに。それが伝わらないのはやりきれないのでは。開催の趣旨を考えると的外れの意見ばかりだったかもしれない。

「コロナの状況で何かできないかという思いが、無下にされた」と仮に本人達が思っていても不思議ではない。

緊急で無料でアーカイブあって2時間もあって。現在行われている有料配信のことを踏まえると配信の「Jr.祭り」がどれだけ特別だったか。

Jr.祭りがどれほど強い温かい思いで開催されたかが、外からでも理解できる。

 

今回のことで色々ネットでトラジャが言われていたけど

「Jr.祭り」のメンバーの冒頭の言葉と最後の宮近くんの言葉がすべてだと思うので「ありがとう」と「思いは伝わっているよ」とここで叫んでおく。的外れだったらすみません。

 

そして『虎者』初日、めでたい!!!

出演者とスタッフの方の活躍と健康を願う。

 

 

おわり

 

 

③トラジャ表紙一覧2014~2017

すべては網羅出来ていないと思いますが。

最近、トラジャが表紙を飾る機会が増えて、過去のトラジャの表紙歴が気になったので調べてみました。

2020、2018~2019と来てこのブログが最後。

2017年までジャニーズは肖像権にかなり厳しく公式の表紙の写真がネットにないので、このブログには情報のみです。

今回は、現在の7人になる前の表紙について。個人と松松は番外編に載せました。

そして最後に簡単なまとめ。

 

  

 2014 

 ↑トラジャからは出演していた8人。白シャツジーンズで爽やか。

 

 ↑全員スーツ。

 

 ↑トラジャ9人のグループ単独表紙。躍動感。173cmの3人今と印象が違う、髪型⁉

 

 

2016

 ↑8人。うみんちゅが今のビジュアルに。2年ってすごい。おそらく2016年トラジャ関連の表紙はこれのみ。

 

 

番外編

 2013

 ↑しめちゃんの表紙初登場の雑誌。

 

2015

 ↑オリジナルトラジャと松松合わせると、トラジャから5人(現在3人)。

『お兄ちゃん、ガチャ』自体に11人中8人出演してる。

このドラマ、主題歌が印象的。トンチキ具合がすごく好きだから何かのタイミングで再び披露して欲しい。

 

 ↑Sexy松。

↑ MAGIC。

Sexy Zone関連のグループは詳しくないので名前のみに

 

2017

↑Endless SHOCK

オリジナルトラジャも松松も現在のトラジャもお世話になってるダンスク。松松はこれがダンスク表紙初登場号。

 

publications.asahi.com

↑ 如恵留くんが表紙を飾ってから現在までジャニーズが起用されている雑誌。先駆け!

おそらく、現在トラジャメンバーで唯一の単独表紙‼これから先メンバーそれぞれ単独で表紙飾れますように(願)

 

↑Endless SHOCK

2017年で2回目。スパンが短い。

もうこの頃には、水面下でトラジャ加入の話しになっていたと、はてブロで読んだ。

 

 

 

トラジャ表紙一覧2013~2020

 

2013 0(TJ) 1(個人)

2014 3         0

2015 0         3

2016 1         0

2017 0         3

2018 1         2

2019 6         2      

2020 15         3

合計   26         14

 

ダンスク 5          7

 

 

調べた限り現体制になって3年で、5倍‼

最近、雑誌に掲載されること多いし表紙起用も多いなと思ってていたけど、整理してみると急カーブの右肩上がり。

調べていて思ったのは、ダンスクが圧倒的ってこと‼ダンスク初表紙起用はPLAYZONE、Endless SHOCKとメンバーそれぞれの基盤となっている舞台の関係での仕事。感慨深い。これから先も定期的に表紙に起用されて欲しい。

そして表紙を改めて見ると、今までの先輩のを踏襲してるものから、イレギュラーのものまであって面白い。印象的なのはやっぱり「ヤングジャンプ」最近なのもあるけど、驚きが大きかった。

それとダンスクの松松‼こんなにも2次元みたいな3次元シンメ。見ただけでシンメだってわかる表紙、完璧‼

あと、去年の5・7パターンのテレビ誌のトラジャ、衣装や雰囲気が可愛らしくてアイドルだなと思った。

 

最後に勝手に願いをあげると、繰り返しになるけど「メンバーそれぞれの単独表紙」を飾って欲しい!

 

おわり

 

トラジャ表紙一覧2020 - 縞ブログ

トラジャ表紙一覧2018~2019 - 縞ブログ

②トラジャ表紙一覧2018~2019

最近、トラジャが表紙を飾る機会が増えて過去のトラジャの表紙歴が気になったので調べてみました。2回目。

現在の7人のトラジャになってから、去年までの表紙。

 

 2018

↑ 松松、Endless SHOCKで3回目のダンスク表紙。2回目はvol.21。

 

 ↑現在のトラジャ7人で表紙初登場‼約一年半ぶりの表紙‼このツイート引用だと松松が丁度見えない。

オリジナルトラジャでも松松でも現在のトラジャでもお世話になっているダンスク!

 

 ↑ちゃかちゃんとしめちゃん。ちゃかちゃんの後輩感としめちゃんの姫感がいつもよりも強い。

 

2019

 ↑うみんちゅの髪色に目が行く。文字のインパクトも。

 

 

↑ 表紙の写真が載っている公式のものを探して、せっかく見つけたけど引用すると丁度顔が見えない。貴重な、先輩と2人の表紙。

 

 ↑2パターンの裏表紙!キストラ!

 

 

↑なんか画が強い。最強って感じがする。

8・8直前の雑誌で内容覚えてる部分がある。察する部分があったような。

 

 

↑表紙の衣装の色合いが好き。 裏表紙の制服シリーズって、当時同世代のグループがしていたけどトラジャは起用されなかったらしい。色々感慨深い。

 

 2019 No.44週刊ザテレビジョン 11/1号

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

↑ 虎者関連で5パターンの表紙。twitterでみた新宿の本屋の棚が圧巻だった。

 


TVガイド11/8号

www.instagram.com

 ↑こちらは7パターン。衣装が好き。

テレビジョン・テレビガイドともに可愛らしいトラジャで癒された。

 

 

↑ シックなトラジャ。

 

 

①トラジャ表紙一覧2020

 

Travis Japanが2020年に表紙を飾った雑誌のだいたいの一覧。

ただ羅列して、ちょこっと感想を書いたブログです。

過去のは2013~2017、2018~2019と次回以降のブログで分けて書きます。

 

 

 

 ⇑3誌、ちょとずつ違う。表紙も記事も。

 

↑ この表紙の衣装と雰囲気でのパフォーマンス見てみたい。

あと、立ち位置。センターを丸く囲っている感じが珍しい。

 

↑ 2年ぶりのダンスク表紙!

 

 ↑このテキストは良かった記憶がある。

 

 ↑重版必須のanan。コロナの緊急事態宣言の中で重版したことが奇跡。表紙発表されたとき嬉しかったけど、色んな意味で発売するまでドキドキだった記憶。

 

 

www.instagram.com

 ↑後輩ちゃかちゃん。写真からでも伝わってくる緊張感。

 

↑トラジャのYouTubeでの私服を見慣れているから、学生服のトラジャがなんか不思議。

 

 ↑ディスティニーシンメ初表紙。すべてが素敵。

松松に密かに期待してるのはanan表紙と中華圏でのツムツムの広告。実現する日が来ますように(願)

 

 ↑今年2度目っていうのがすごい。

 

SHE THREE vol.16

www.instagram.com

↑裏表紙

デュエットでも思ったけど、前髪重めで顎のラインが見える角度の写真の如恵留くんがとにかく映えてみえる。フォトジェニック。他の雑誌でも思ったことあるけど、どの雑誌か思い出せない。

しーくんの可愛らしい感じが新鮮。

 

 ↑驚きの表紙起用とコラボ。Travis Japan出身の方が過去に舞台版GANTZで主演していて、偶然ってすごいと思った。運命。今でもメンバーと仲良しみたいだからこのコラボ色々嬉しい。

普通の服装の写真も素敵だった。

 

 

⇑ トリプルカイト、いちごみるくの初表紙‼

記事は7人。てっきり中身もそれぞれだと途中まで勘違いしてた。

 

 ↑ダ・ヴィンチ自体も感動だけど、

本日発売!『ダ・ヴィンチ』11月号第2特集は「Travis Japanがくれる幸せ」 | ダ・ヴィンチニュース

ここに書かれているトラジャ特集の経緯も感動。編集の方の思い。気持ち・思いって大切。

 

 ↑かっこいい。この一言に尽きる。発売日が楽しみ

 

 

 

www.instagram.com

 

ViVi12月号特別版で異例の大抜擢!Travis Japanの注目度がぐいぐい上昇中 | ViVi   

今年8月には初のソロコンを成功させ、そのパフォーマンスを見て感動した編集部が、今回の大特集をオファーして実現しました。 

ジャニーズJr.が表紙を飾ることはViVi史上、初めて。ましてやそれがViViで初の撮り下ろしという異例の事態。

女性月刊ファッション誌の表紙を飾るのは、グループとしても初。そんな“初”ずくめの特集  

掲載発表の時は、表紙も飾るとは発表されてなかったから、詳細が出たとき驚いた!

↓!と思ったら11月号の記事に詳しく書いてあった!

二宮和也、嵐の“思い出写真”を語る!「思い出に残っている写真は数えきれないほどあるけど……」 – 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック)

東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われたマスコミプレビューでは、メンバー全員がそれぞれ、ソロコンサートのセットリストから1曲を披露。情熱的な歌唱や、アクロバティックなダンス、オリジナル曲の弾き語りなど、近い未来にいま以上の活躍を見せる様子が目に見えた彼らのパフォーマンスを体験した取材班は、「これは事件だ!」と急遽大幅ページでの撮り下ろしとインタビューをオファー。

今号には、同公演のロングレポートとプロフィール紹介記事、そして12月号には撮り下ろし写真&インタビューが掲載される。

 

 

 

 

 

 

 

         

MTV Friday Livestream にトラジャ(Travis Japan)の「Namidaの結晶」を①

今回のブログは

【トラジャの「Namidaの結晶」をMTV Friday Livestreamにリクエスト】について。

自分の考えや感想をただ纏めたブログです。

 

 

トラジャの話にはいる前にMTV Friday Livestream自体の説明と現状について少し説明します。

 

MTV Friday Livestreamとは

YouTubeで土曜6時にLIVE配信されているMVリクエスト番組。リクエストにより放送されるMVが決まる。またリクエスト1位になると再びMVが番組内で流れる。

 

 

今週の結果⤵

Kevan Kenney on Twitter: "🥁Drumroll please🥁

The final ranking of the MOST REQUESTED artist on
@MTV's #FridayLivestream is...

#1 @SB19Official
#2 @arashi5official
#3 #SixTONES
#4 @official__wonho
#5 @OfficialMonstaX… https://t.co/3UzjOtzRH1"

 

今夏からファンの有志の方がこのリクエストを呼びかけていて、先週の配信で嵐がついに1位になりました!

MTVデビュー4週目での初!首位獲得!!!

そして嵐の他にジャニーズからはSixTONESがランクインしていて、SnowManは今週MTVデビュー(番組内でMVが放送)しました。

 

この現状とフォロワーさんのMTV Friday LivestreamへのトラジャのMVリクエスト呼び掛けきっかけに、自分で色々考えたので私見やら感想を纏めていこうと思います。

トラジャもMTVデビューして欲しいなという気持ちや自分の語学力の低さの反省、ファンの団結力凄いなぁっていう話しです。

 

 

 

そもそもMTV Friday Livestreamって?問題は英語力

私が、この番組を知ったのは数週間前の米国在住の嵐ファンの方のリクエスト呼びかけがきっかけです。

 (また、Twitterフォロワーの方がこのリクエストついてツイートしていたのも見ました)

そのためMTV Friday Livestreamの概要は把握できているけれど、未だに番組の影響力や立ち位置がよく分かっていません。

番組を見ても、ホストの方は勿論英語を話すのでよくわからない。

また調べても全て英語で、翻訳かけても理解出来ない部分が多い。

 

トラジャを広く応援していくには英語は必須だなと痛感しています。えいごがんばろ

よく分からないから、他の人におすすめもできない(泣)だから、静かにブログでこのリクエストについて書いています。

 

全ては英語が理解できていれば解決できたことですよ。

必要に迫られる日がこんなにも早くくるとは。

 

 

 

 

「Namidaの結晶」をリクエストしたい

トラジャはCDデビューはしていないけれどMVがある!

舞台「虎者 ―NINJAPAN―」テーマソングのMV 「Namidaの結晶」YouTubeにアップされていますよね。

MVはあるけれど、楽曲は音盤化・配信をしていないって稀だからどうなんだろう・・・。

音盤化・配信をしていない「Namidaの結晶」がMTV Friday Livestreamのリクエスト対象なのか微妙

 

リクエストの対象かは微妙だけど、海外での上演を目指している舞台のMV!!

MTV Friday Livestreamで放送されればトラジャ及び舞台の存在を国内外の人に知ってもらえるチャンスです。

 

挑戦するのは自由ですから。

ホームページにはrequest your favorite music videos!とあるので、可能性はあると勝手に思っています。

 

 

 

 

 

ファンダムの存在

投票系のものは組織票になり易く、存在意義をよく問われます。それに、趣味なのに義務みたいになったり、楽しめなくなったり。

ファンとは・・・とか、数字を気にせず楽しみたいという思いも。

 色々マイナス面が目立ちます。しかし、悪いことばかりではありません。

 

その例が「SB19」です。

韓国の事務所で練習を積んだフィリピンの5人組アイドルでファンダムがすごい強い

 

様々な投票系のランキングにランクインしています。それで知名度が上昇中。

私がSB19を知ったのは米ビルボードソーシャル50の上位に入ったいうツイートを見たからです。

おそらく、MTV Friday Livestreamのリクエストで、初めて彼らの存在を知った嵐やスノストのファンが大半だと思います。 

それは同時に普段J-POPを聴かないであろうSB19のファンなどに嵐スノストの存在が届いるということなので、リクエストをする意味は大いにあるのでは。

トラジャにもきっかけを。

 

 

 

 

まとめ

巨大なファンダムを持つ嵐とグループでのYouTube,SNSをデビュー前から持っているスノストはネットによるリクエストにやっぱり強いですね。

そして、呼びかけるファンの方の情報収集・発信能力、継続力。脱帽です。

 

 

前までは「トラジャもデビューしたら!」と思っていましたが、よく考えたら既にトラジャはMVをYouTubeにアップ・グループでインスタ開設しています。

ジュニアでMVがありグループのSNSあるのはトラジャだけです。

 

外にアピールする土台はしっかり用意されています。

 

CDデビューより先に、広い世界への挑戦の扉はとっくに開かれているんですよね。トラジャには。

今、改めて気付きました。

 

トラジャのファン界隈でもじわじわと MTV Friday Livestream が話題となる(既になっている)のではと思っています。

MVが公開されていて、リクエスト方法の1つのinstagramは多くのトラジャ担が既にアカウント持っている、この状況・・・リクエストに参加するハードルは高くないのでは。

そしてリクエストに挑戦する条件は揃っているんです、たぶん。

現在、10月の舞台期間中にMTVデビュー出来たら良いなと思いながら個人でちょっとずつリクエスト中です。